WebRTCってどんな技術?

WebRTCは、Web Real-Time Communicationの略称で、ブラウザ同士でリアルタイムに通信を行うための仕組みです。Web技術の標準化団体であるW3C(World Wide Web Consortium)がリアルタイムコミュニケーション用のAPIの定義として提唱したものです。一般的な通信サービスである 「LINE」や「Skype」は、開発企業によって独占されるクローズド規格です。それに対して、WebRTCはオープンな技術であり、様々なWebブラウザやアプリケーションで採用されています。

webRTCイメージ

ピア、デバイス間の動画、音声、データを送受信することが可能で、すべての主要なブラウザで通常のJavaScript APIとして利用できます。

webRTCイメージ

Androidアプリや、iOSアプリケーション等のネィティブクライアントの場合は、同じ機能を提供するライブラリを利用することができます。

WebRTCが利用可能な
ソリューション

現在、様々な分野でWebRTC技術が使われています。
遠隔地に音声や映像を届けたいニーズにはすべて対応可能ですし、AIと組み合わせ、遠隔操作も可能になっています。

ドローンで自動水やり、自動収穫、害虫駆除

農作物の盗難対策、見守りカメラ

webRTCができること

カメラ付きロボットで介護

見守りカメラだけでなく、様々なIoT製品を利用して患者さんの変化に気づける仕組み

webRTCができること

映像型ではなく体験型のニューノーマルリモート授業

世界中からプロ講師に学べる環境
勉強だけでなく、スポーツ、音楽等もいつでもどこでも個別指導

webRTCができること
webRTCができること

ドローンで空からの測量

360度クラウドカメラで映像情報をクラウドに保管・画像解析機能

webRTCができること

顔認証で、オフィスの入退出管理
顔認証決済

webRTCができること

ライブ映像・スポーツ観戦
3D画像も取り入れ、現実感と臨場感を演出

移動ロボットによる、リモート観光

スクロールアイコン

WebRTCの通信方式
P2P・MCU・SFU

WebRTCの通信方式には以下の3種類あります。
それぞれの方式と特徴を詳しく説明します。

MCUアイコン
MCUアイコン

PCやスマホなどの端末が、サーバーを経由することなく端末同士で直接、映像や音声などを送受信します。1対1など少数でのビデオチャットに向いています。

SFUアイコン
MCUアイコン

PCやスマホなどの各端末からサーバーへ送信された映像や音声を1つの映像や音声に合成します。このことにより、各端末では上りも下りも1本ずつの通信で完結できるため、各端末の負荷は、映像や音声を送受信している相手の数が増えても変わりません。代わりに、映像や音声を合成するサーバーの負荷が高くなります。

SFUアイコン
SFUアイコン

PCやスマホなどの各端末からサーバーへ送信された映像や音声を、他の各端末へ分配します。サーバーでは各端末から受け取った映像を加工することなく各端末へ送信します。負荷を、各端末とサーバーで分担するという仕組みです。

WebRTCを支える技術

P2Pでも実はサーバーを使ってる?

WebRTCは、完全なP2P方式ではなく、通信を開始するためのシグナリングサーバーが必要になります。IPアドレス・ポート番号といった接続先情報や、使用する帯域幅、エンコード方法、エンコードのパラメータ、フレームレートと いった音声・映像・データの形式の情報をシグナリングサーバーを介して交換することで、ようやく端末同士で直接やりとりができるようになるのです。

WebRTC通信に必要な情報ICEとは
webRTCの通信の仕組み

ICEとは、NAT越えをしてP2P方式の通信を行うための仕組みです。
NATとは
ICEの仕組み ICEでは、NAT越えを行うためにSTUNサーバーとTURNサーバーを利用します。
STUNサーバーを利用することで、外部から見た自身のIPアドレスとNAT越えが必要であるかが分かります。
そしてNAT越えが必要な場合には、TURNサーバーがIPアドレスやポート番号の変換を行なって、P2P方式での通信の橋渡しをしてくれるのです。相手の端末との接続には、セッションの生成・変更・切断のみを行うSIP(Session Initiation Protocol)を使用します。

WebRTC通信を実現するためにNAT越えが必要
webRTCの通信の仕組み

NATとはWi-Fiなどを経由して、パソコンをインターネットに接続する場合、そのパソコンにはプロバイダーから 付与されるグローバルIPアドレスではなく、プライベートIPアドレスが割り当てられます。このグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの自動変換を行い、スムーズなデータの送受信を行う技術のことをNAT(Network Address Translation)と呼びます。

NATは、プライベートネットワークから外部のサーバーへ接続することを 前提としているため、逆に外部のサーバーからプライベートネットワーク内にある端末にアクセスすることはできません。そのため、P2P方式の通信を行うためには、NAT越えをする必要があるのです。

WebRTCでかわる未来

これまでWebRTCが提供する技術を見てきました。繰り返しになりますが、WebRTCは、
映像や音声等の大容量データをリアルタイムに送受信することが可能です。

WebRTCでかわる未来

SFUとMCU映像や音声を届けたい拠点が増えれば、接続先を減らせるSFUを使います。また届けたい入力データを複数拠点から合成させたい場合、また数万人規模で配信したい場合には、MCUが効果を発揮します。

WebRTCでかわる未来

多様なソリューション配信する映像は、様々なクライアントデバイスを使うことにより、多様なソリューションへ繋がっていきます。空からの映像が欲しい場合にはDroneを使用し、3D映像が欲しい場合には、VRやHololensを組み合わせます。他にも遠隔操作して、ロボットや、IoT製品を動かす場合にも、WebRTCを使うことができます。

セーバーでは、WebRTC技術をベースに、多様な機能を追加して、SaverVideoConnectV4という製品を発表致しました。ぜひ一緒に、私達と新しい未来をつくりませんか?

スクロールアイコン

WebRTCを使った製品

SaverVideoConnectV4

v4イメージ
v4イメージ

セーバーの映像配信技術の
ノウハウを
注力した
システム

映像・音声送受信の低遅延化、多様化を実現!WebRTCの力を余すことなく活用!セーバーの映像配信技術のノウハウを惜しみなく注ぎ込みました。

詳しくはこちら