SAVER
STYLE

ONE STEP BEYOND!

PRESIDENT
MESSAGE
代表挨拶

代表挨拶

てのひらから、そのさきへ。

私たちは、創業時より携帯電話に可能性を感じ、世界に先駆けて動画と融合したシステムの開発に着手しました。 2001年には、世界で初めてとなる携帯端末向け動画変換サーバーの開発に成功し、以来、さまざまなモバイルデバイス におけるコミュニケーションの最適化に努めてきました。情報社会の基盤インフラを整備するうえで大切なのは、双方向の円滑なヒューマンコミュニケーションを実現すること。距離を超えてつながる心地よさを追求し、現在は幅広い 分野でご利用いただける映像配信システムや音声コミュニケーションの構築に取り組んでいます。愛媛から世界へ。 てのひらに乗るデバイスから、いかに一歩先へリーチできるか。その時代に求められる最先端の技術を追求し、面白いと思ったことはやってみる。自由に発想を膨らませ、カタチにするチャンスを生かしていただきたいと考えています。

代表取締役 二宮 宏

SAVER

STYLEスタイル

コミュニケーションの質を高め、
“SaverStyle”で歩み続ける

セーバーが手がけているのは、システム開発からITコンサルティング、アプリ開発などさまざま。1999年の創業以来、約20年にわたって培ってきた技術力で、お客様のニーズにお応えしています。
私たちは、モノやサービスに品質の高低があるように、コミュニケーションにもクオリティのレベルがあると考えています。
投げ手と受け手の考えが一致することこそ重要であると信じ、自分たちの思い込みに左右されることなく客観的な視点でコミュニケーションを図ることを目標としています。私たちはこれからも、常に時代の先を見据え、世界規模で進行する情報化社会の発展に寄与する”SaverStyle”をテーマに掲げながら、情報の最適化に力を注いでいきます。

スタイルイメージ

STRANGTHセーバーの強み

最先端の技術力を武器に
プロフェッショナルが
地域や企業の課題に切り込む。

WebRTC技術においての開発実績は日本においてトップクラス

2001年、セーバーは、世界で初めて携帯端末向け動画変換サーバーの開発に成功しました。以来、携帯電話をはじめとする各種情報端末におけるコミュニケーションの最適化をテーマとして映像送信の分野に特化して、サービス提供を務めてまいりました。昨今では、WebRTC技術においての開発実績は日本においてトップクラスにあると自負しております。

モバイル端末特有の現象の特定化をノウハウを体系化

モバイル端末特有の現象の特定化を長年の経験からくるノウハウを体系化し、開発技術においてはマルチプラットフォーム化を前提とするフレームワーク・エンジンなどのミドルウェア系の開発に適用し、品質保証のための検証分野ではモバイルならではの検査項目の標準化に努め、実績のある技術をベースにアプリ開発を行っております。
また、コア技術となる機能は、サービスAPI化したSaaSとして提供しており、スマホ開発に必要不可欠な機能を手軽に使える仕組みを取り揃えております。 実機を用いた検証スキームは、リリース後のアプリの安定化に貢献し、アプリの運用においては、トラブルを未然に防ぐことを実現しております。

私たちの技術へ

BUSINESS現在の事業

日本で最初の商用化された
WebRTCのシステムを導入

WebRTCをベースとした映像配信の技術に注力

会社の軸となるのは映像技術になります。特に今は、コロナ禍の影響もあり、その解決のため、リモートワーク、リモートミーティング向けの、WebRTCをベースとした映像配信の技術開発に注力しています。WebRTCは次世代の映像配信基盤になると確信し、研究開発を進めておりました。そのノウハウを活かして2013年に大規模なオンライン英会話システムを導入することが決まり、日本で最初の商用化されたWebRTCのシステムとなりました。現在は、技術の洗練に加えて、人材の育成にも力を入れ、多様な分野で、WebRTC技術の展開に力を入れております。

多様なクライアント向けの製品・サービス・ミドルウェアの提供とシステム開発

スマホ、LinuxだけでなくNvidia Jetson、Droneなどの様々なクライアントに対応した製品・サービス・ミドルウェアの提供とシステム開発の受託を主に行っています。また、AWS、OracleCloud、GoogleCloud、Azureといった多様なプラットフォームのインフラ基盤の構築を提供しています。

開発実績へ

FUTURE今後の展望

地方雇用を創生し
世界に
インフラサービスを提供

地方に雇用を創生していくことを継続していきたい

地方に雇用を創生していくことを継続してまいります。必要なときに都会には行きますが、生活するなら愛媛が一番良い、と思ってもらえるようにしていきたいです。都会への憧れは仕方ないことですが、都会の生活で疲れてしまっている人がいるのも事実です。更に子供を育てるとなると様々なリスクと戦っていく必要がありますので、無理にストレスをためる生き方でない選択肢があることを示していきたいと思っています。木を育てていく感覚で企業を成長させていき、海外への展開も積極的に行うようにしています。ベトナムのダナン市にある子会社は、今は技術力においても信頼できる組織に成長しました。ゆくゆくは、1日を4分割ぐらいで時差を吸収できるように、支社と市場展開を図っていくことを考えています。チェコに支社を作る構想もあり、最終的にはアメリカの五大湖付近に進出する計画です。

生活の利便性をさらに加速させる
インフラサービスを世界に提供

長年の実績を積み重ねたサービス・エンジン・フレームワーク等を使って、生活の利便性をさらに加速させる社会貢献を目指して、インフラサービスを日本だけではなく世界に提供していきます。

TOPへ